FCまとめ強化部

サッカー界の契約動向や移籍の噂などを取り上げていきます。

    海外 日本人選手

    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1621982655/
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2021/05/26(水) 07:44:15.23 ID:CAP_USER9
    今夏の去就が注目される鎌田に英メディアも反応

     ブンデスリーガのフランクフルトに所属する鎌田大地は、やはり今夏に新天地を求めるのかもしれない。

     ドイツ紙『BILD』は先週、プレミアリーグのトッテナムが鎌田、そしてエバン・エヌディカを獲得リストに入れていると報じた。これを受けて英メディア『HITC』は25日、クラブの動きに注目し、ワトフォードやセビージャも興味を示す日本人MFについて、「現地では彼の獲得を希望する声が高まっている」と伝えている。

     さらには、「フランクフルトはすでに鎌田の“後釜”を確保したようだ」と続けた。

    「鎌田とクラブは今夏の移籍を模索しており、移籍金は3000万ユーロ(約37億5000万円)という値札がついているとされる。ブンデス32試合で5ゴール・12アシストを記録し、クリエイティビティを発揮している鎌田は、トッテナムのファイナルサードにおいて力を発揮できるだろう。しかも、アイントラハトは彼が出て行くことを想定し、ディナモ・ザグレブに所属するロブロ・マジェールを獲得済だという」

     その一方で、トッテナムは4月19日にジョゼ・モウリーニョ監督を解任した後、ライアン・メイソン暫定監督が率いてシーズンを終えたが、その後の人事が決まっていないことが大きな問題であるとも指摘している。

    「鎌田が素晴らしい選手であることは確かだろう。もしそれが本当でなくても、クラブにとってはまず、新しい監督を迎えることが最優先となる」

     現地の報道によれば、後任候補にはアヤックス指揮官のエリク・テン・ハーグ、智将マッシミリアーノ・アッレグリや、パリ・サンジェルマンを率いている前監督のマウリシオ・ポチェティーノなども候補に挙がっているとされる。

     新指揮官は誰になるのか、そして鎌田のプレミア挑戦はなるのか。イングランド、そしてドイツの両方で今後の動向が注目される。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1e0e992a8ab00bf12a212486fe7be1e2f05111d3
    5/26(水) 5:40配信

    【鎌田大地のプレミア入りに現実味か フランクフルトが“後釜”にD・ザグレブの23歳MFを獲得か】の続きを読む

    【中島翔哉の移籍に関し当局がポルトを捜査…新型コロナの検査結果改ざん疑惑】の続きを読む

    【サッカー】レアル・マドリーの売却リストに久保建英の名前も…スペイン紙が報じる [首都圏の虎★]
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1621480393/ 

    1: 首都圏の虎 ★ 2021/05/20(木) 12:13:13.55 ID:CAP_USER9
     レアル・マドリーの売却リストにMF久保建英(ヘタフェ)の名前があったようだ。スペイン紙『マルカ』が報じている。

     R・マドリーは今夏の移籍市場において、トップチームに所属しない選手はレンタルではなく売却することを視野に入れ、支出に対する考え方を変えようとしている。というのも、選手獲得のための資金を得るため、できるだけ多くの資金を生み出したいからだという。

     フロレンティーノ・ペレス会長は今夏のナンバーワン・ターゲットとして、パリSGのFWキリアン・ムバッペを狙っていると言われている。ただ、ムバッペとパリSGの契約期間は1年しか残っていないものの、獲得は安くないと見られている。

     今回の計画の変更は現在R・マドリーに貸し出されている選手の多くが、次の移籍ウィンドウで退団する可能性があることを意味する。該当するのは次の選手だ。

     MFブラヒム・ディアス(ACミラン)、MFダニ・セバージョス(アーセナル)、DFヘスス・バジェホ(グラナダ)、FWルカ・ヨビッチ(フランクフルト)、久保らがそれにあたる。

     しかし、例外もある。MFマルティン・エーデゴーアだ。現在、アーセナルにレンタルされているエーデゴーアは、特にMFイスコが退団するかもしれないことから、来シーズンはR・マドリーのトップチームでプレーすることが期待されている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/86cd04ce982f3ce8df4482204cb137fc91cde5ab
    https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210520-44505626-gekisaka-000-1-view.jpg

    【レアル・マドリーの売却リストに久保建英の名前も…スペイン紙が報じる】の続きを読む

    【サウサンプトン南野、スタメンフル出場も振るわず。チームは3−1で勝利。】の続きを読む

    【サッカー】パルチザン退団の浅野がトルコ1部トラブゾンスポルと2年契約で合意 現地メディア報道 [砂漠のマスカレード★]
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1620621878/ 

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2021/05/10(月) 13:44:38.50 ID:CAP_USER9
     セルビア1部パルチザンを退団した日本代表FW浅野拓磨(26)がトルコ1部トラブゾンスポルと2年契約で契約で合意したと、トルコメディア「Karadeniz」が報じた。

     同メディアによると、パルチザンの浅野は2日更新のインスタグラムで「度重なる給与の未払、またはそれに対する不意誠実な対応」を理由に同クラブを退団をしたことを発表後、トルコに滞在しており、トラブゾンスポルと2年契約で合意に達したという。

     浅野は2016年にJ1広島からイングランド・プレミアリーグのアーセナルからドイツ2部だったシュツットガルト、ハノーバーを経て19年にパルチザン入団。今季は18ゴールをマークするなどゴールを量産し、今オフのステップアップがささやかれていたが、強引な手法で新天地入りを果たすことになりそうだ。

     ただ、パルチザン側はトラブゾンスポルに警告を発していると同メディアは伝えている。「これは根拠のない退団、契約違反だ。FIFA(国際サッカー連盟)に提訴する」として徹底抗戦の構えを見せており、裁定の動向を含めて、今後の動向が注目される。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1c3c351c9ec0c09c0f058ef54774341bfe254f7a
    5/10(月) 13:19配信

    【パルチザン退団の浅野がトルコ1部トラブゾンスポルと2年契約で合意 現地メディア報道】の続きを読む

    このページのトップヘ