FCまとめ強化部

サッカー界の契約動向や移籍の噂などを取り上げていきます。

    海外サッカー

    【サウサンプトン南野、スタメンフル出場も振るわず。チームは3−1で勝利。】の続きを読む

    【サッカー】パルチザン退団の浅野がトルコ1部トラブゾンスポルと2年契約で合意 現地メディア報道 [砂漠のマスカレード★]
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1620621878/ 

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2021/05/10(月) 13:44:38.50 ID:CAP_USER9
     セルビア1部パルチザンを退団した日本代表FW浅野拓磨(26)がトルコ1部トラブゾンスポルと2年契約で契約で合意したと、トルコメディア「Karadeniz」が報じた。

     同メディアによると、パルチザンの浅野は2日更新のインスタグラムで「度重なる給与の未払、またはそれに対する不意誠実な対応」を理由に同クラブを退団をしたことを発表後、トルコに滞在しており、トラブゾンスポルと2年契約で合意に達したという。

     浅野は2016年にJ1広島からイングランド・プレミアリーグのアーセナルからドイツ2部だったシュツットガルト、ハノーバーを経て19年にパルチザン入団。今季は18ゴールをマークするなどゴールを量産し、今オフのステップアップがささやかれていたが、強引な手法で新天地入りを果たすことになりそうだ。

     ただ、パルチザン側はトラブゾンスポルに警告を発していると同メディアは伝えている。「これは根拠のない退団、契約違反だ。FIFA(国際サッカー連盟)に提訴する」として徹底抗戦の構えを見せており、裁定の動向を含めて、今後の動向が注目される。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1c3c351c9ec0c09c0f058ef54774341bfe254f7a
    5/10(月) 13:19配信

    【パルチザン退団の浅野がトルコ1部トラブゾンスポルと2年契約で合意 現地メディア報道】の続きを読む

    【ヘタフェ×エイバル、残留争い直接対決は0−1でエイバル勝利。日本人3選手は出場せず】の続きを読む

    【サッカー】遠藤航、ブンデス首位のデュエル勝利数に満足「日本人に対する偏見を少しばかり覆せたかも」 [首都圏の虎★]
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1620348456/ 

    1: 首都圏の虎 ★ 2021/05/07(金) 09:47:36.39 ID:CAP_USER9
    今後のキャリアについては…

    シュトゥットガルトに所属する日本代表MF遠藤航をドイツ紙『ビルト』が取材。“ブンデスリーガ最強のデュエル選手”との称号に満足している様子をうかがわせた。

    2019年夏にシント=トロイデンから当時ブンデスリーガ2部のシュトゥットガルトに加わった遠藤。ドイツではこれまで出場停止となった昨シーズンのリーグ戦1試合を除いてすべての公式戦に出場。また、1部に昇格してから、シュトゥットガルトの中盤で尚更大きな存在感を発揮し、これまで今季447とリーグトップのデュエル勝利数を記録していることも現地で話題を集めている。

    『ビルト』のインタビューでも“ブンデスリーガ最強のデュエル選手”と呼ばれた遠藤だが、スタッツについては「自分も驚きました」とコメント。「それにより日本人選手はフィジカルが弱いという偏見を少しばかりか覆せたかもしれませんね」と続け、自身のプレースタイルがドイツでの日本人選手のイメージを多少変えることにつながったことへの満足感を示した。

    遠藤はまた、ペレグリーノ・マタラッツォ監督が自身を以前“兵士”と称したことについても言及。「彼とはよく次の相手について、どうプレスをかけてくるのか、どうすれば相手選手からボールを奪えるのかなどについて話していますのでね。それに僕は常にファイトし、練習にも一生懸命取り組んでいます」と語った上で、「だからそう呼んだのでしょうね」とも指摘した。

    遠藤が試合中にマウスピースを着用することに、インタビュアーも注目。同選手は「もちろん歯を守りたいというのもありますが…」と切り出すと、「シュトゥットガルトにやって来たころには歯の矯正用のブラケットを着けてました。それを取り外す際、歯科医にパフォーマンスの向上につながるのでスポーツのときには着けることを勧められました。筋肉のコントロールや動きの強化につながると。それで試しましたが、着用することで良い気分を得られていますので」と説明している。

    現在28歳の遠藤は今後のキャリアについて「まだ長い間ここにいたいと思っています。家族もとても居心地良く過ごしていますし。ただ、以前にも話したことがあるように僕が昔から抱く大きな夢はプレミアリーグでプレーすることです」と強調。一方、「いつかシュトゥットガルトで欧州大会に出場できれば、それも素晴らしいと思います」とも話し、現在移籍を考えていない様子を示した。

    なお4児の父親でもある遠藤は、ドイツサッカーリーグ(DFL)が決定した各チームのメンバー、スタッフを10日間完全隔離する“検疫キャンプ”についても言及。「家や小さなジムをつくったガレージで子供たちと遊んでいます。5月12日からシーズンが終わるまで検疫トレーニングキャンプに入り、妻は1人で子供4人の面倒を見ることになり、会えなくなってしまいます。それは寂しいですが、その処置に関しては支持していますよ」と述べていた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/839a5fb7bd099756aa56220bbe1c601abafaa4a7
    https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210507-00010003-goal-000-2-view.jpg

    【遠藤航、ブンデス首位のデュエル勝利数に満足「日本人に対する偏見を少しばかり覆せたかも」】の続きを読む

    【サッカー】ローマが来季の監督にモウリーニョの就任を電撃発表!11年ぶりにセリエAに復帰 [数の子★]
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1620136817/ 

    1: 数の子 ★ 2021/05/04(火) 23:00:17.16 ID:CAP_USER9
    5月4日、セリエAのローマは来シーズンからジョゼ・モウリーニョを新監督に就任することを発表した。契約は2024年6月までの3年となっている。

     その直前に、今シーズン限りで満了となるパウロ・フォンセカ監督との契約を更新しないことを公表していた。

     フォンセカ体制2年目となる今シーズンはここまでセリエAで7位と低迷。準決勝まで進んだヨーロッパリーグでも、ファーストレグでマンチェスター・ユナイテッドに2-6と大敗を喫していた。

     後任として、前ユベントス指揮官のマウリツィオ・サッリが有力視されていたが、先月19日にトッテナムの監督を解任されたばかりの名将に再建を託すことになった。

     モウリーニョがセリエAで指揮を執るのは、インテルでイタリア初の3冠を達成した2009-10シーズン以来となる。

    https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=90641

    【ローマが来季の監督にモウリーニョの就任を電撃発表!11年ぶりにセリエAに復帰】の続きを読む

    このページのトップヘ