https://news.yahoo.co.jp/articles/09182f141073527fda640ffd68bf84bb828d4683
元日本代表FW森本貴幸(32)の新天地がパラグアイ1部のスポルティボ・ルケーニョに決まった。  1988年5月7日生まれの32歳は、東京Vのジュニアユースに在籍した04年、中学3年生でJリーグデビュー。15歳11か月28日のJ1最年少ゴール記録を保持する“怪物”は大きな注目を集め、06年夏に海を渡り、イタリアのカターニア、ノバーラ、UAEのアルナスルでプレー。13年夏に帰国してからは千葉、川崎F、福岡に在籍。昨年9月末、福岡と双方合意の上で契約を解除し、ギリシャ3部AEPコザニに移籍していた。  しかし、AEPコザニに加入したものの、新型コロナウイルスの影響でギリシャ3部が中断し、リーグ再開の目処が立たない状況。出場のないまま1月28日に退団が発表されていた。  スポルティボ・ルケーニョのクラブ公式発表によると、契約は1年。森本は自身のインスタグラム(@morimototakayuki9)で、「パラグアイのスポルティボ・ルケーニョでプレーする事になりました。新世界を楽しみます」と報告している。

以下、 スポルティボ・ルケーニョ サポーターの反応

・ もし3ゴールを挙げれば、2020シーズンのうちの多くのFWを超えられるよ...

・代理人会社が彼の費用を全て払い、お金を置いていってくれる日本人たちを連れてきてくれる。

・ 彼はうちのユニフォームを着る3人目の日本人か?
  2000年に2試合だけプレーした武田修宏、2010年には最後4試合をプレーした素晴らしいGK小澤英明がいた。

・この選手はクラブに金をもたらすためだけに来た。

・スーパーサイヤ人だ!

・この選手は良さそうだね。

・少なくとも寿司の作り方は知っていることを願うよ

・東洋のメッシだ

・キャプテン翼だ

・俺たちの大空翼!