FCまとめ強化部

サッカー界の契約動向や移籍の噂などを取り上げていきます。

    2021年04月

    【山形が石丸監督を解任…今季の成績などを総合的に判断】の続きを読む

    【アビスパ福岡 新外国人クルークスがルヴァン杯で初ゴール!大当たりの予感?】の続きを読む

    【仙台、MFクエンカの退団を発表…母国で右ひざの治療専念へ】の続きを読む

    【サッカー】トッテナム、モウリーニョの解任を公式発表…リーグ杯の1週間前に電撃解任 [久太郎★]
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1618826725/ 

    1: 久太郎 ★ 2021/04/19(月) 19:05:25.32 ID:CAP_USER9
    トッテナムは19日、ジョゼ・モウリーニョ監督を解任したことを発表した。

    これまでにポルトやチェルシー、インテル、レアル・マドリー、マンチェスター・ユナイテッドなどを率いてきたモウリーニョ監督は、2019年11月にマウリシオ・ポチェッティーノ監督の後任としてトッテナム指揮官に就任。2019-20シーズンは6位フィニッシュだった。

    2年目の今季は開幕から好調で一時は首位に立っていたものの、第20節からの6試合で5敗を喫するなど失速。カラバオカップでは決勝に進出したものの、先月にはヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16でディナモ・ザグレブを相手にファーストレグでの2-0をひっくり返され、2戦合計2-3で大会を後にすることになった。

    さらに、最近のリーグ3試合でも1分け2敗と勝利から遠ざかり、チームはチャンピオンズリーグ出場圏内の4位ウェスト・ハムと5ポイント差の7位に。25日にマンチェスター・シティとのカラバオカップ決勝を控える中、クラブは解任を決断した。

    なお、現時点で正式な後任は未定。今夏に新指揮官探しが開始されるとみられている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5c6451278ece9ec1eedfe2bc7e6439510312b2e4

    【トッテナム、モウリーニョを電撃解任…リーグ杯決勝の1週間前】の続きを読む

    【サッカー】ベトナム1部サイゴンMF松井大輔とFW高崎寛之が登録解除へ 現地メディア報道 [砂漠のマスカレード★]
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1618799473/ 

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2021/04/19(月) 11:31:13.83 ID:CAP_USER9
    今季からサイゴンに所属する松井ら外国人選手3人が登録解除と報道

     ベトナム1部サイゴンFCに所属する元日本代表MF松井大輔が登録を解除されるという。ベトナムメディア「LAO DONG」など複数の現地メディアが伝えている。

     39歳の松井は2000年に京都パープルサンガ(当時)でプロデビュー。04年にフランスへ渡った後は、国内外のクラブを転々とし、2018年から昨年までの3シーズンは横浜FCでプレーした。昨季J1リーグでは3試合の出場にとどまっていたなか、ベトナム1部リーグのサイゴンFCから獲得オファーが届き、移籍を決断。1月の開幕から10番を背負ってここまで10試合中6試合に出場した。

     直近の第10節ハイフォンFC戦にも先発出場した松井だが、チームは3勝1分6敗と低迷。14チーム中13位に沈んでいる。今季は日本サッカー協会で強化担当技術委員長や、レノファ山口で監督を務めた霜田正浩氏を指揮官に招聘していたが、3月に成績不振により解任。そんななか、今度は松井や松本山雅FCなどで活躍したFW高崎寛之、韓国人MFウ・サンホの3人の外国人が登録解除されることになったようだ。

     同メディアは3人が登録解除になることを伝えたうえで、「松井大輔は開幕当初の試合で印象的なプレーをしたが、40歳で安定した体力とパフォーマンスを維持することは困難だった。ストライカーの高崎はなんの爪痕も残していない」と指摘。さらに、クラブスタッフを務めていた元FC岐阜の苅部隆太郎氏を現役復帰させ、選手登録すると記している。

     ここまで積極的にベトナムの現地情報などを発信してきた松井だが、突然の報道を受けて今後の動向が注目される。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1cdb71b18a9e593fbf72a6142d35a0303b91f83e
    4/19(月) 9:40配信

    【ベトナム1部サイゴンMF松井大輔とFW高崎寛之が登録解除へ 現地メディア報道】の続きを読む

    このページのトップヘ